カテゴリー

あなたはどれを取得?コーヒー関係の資格を紹介

コーヒーが好きな方、カフェを営んでいる方、コーヒーを製造している方。それぞれに資格が存在しているのをご存知でしょうか?まさに多種多彩と言って良い資格試験を紹介しましょう。
まずはコーヒーインストラクターの資格です。こちらの検定は2級と1級があり、2級はまず講習会を受講して指導を行えるほどの知識や鑑定技術などを学び、それに合わせて試験を行います。例えばコーヒーを対面販売する方に向いている資格です。1級になりますと、コーヒー製造業者レベルの知識が必要で検定試験だけではなく実技と学科があります。
次はコーヒー鑑定士試験。原材料の調達と製造や品質管理など高度な知識が求められます。なお、こちらを受験するには前述のコーヒーインストラクター1級を合格しなくてはなりません。
続いてはコーヒーマイスター。まさにプロの能力が求められる資格であり、養成講座を受けた後に実技講座ではコーヒーの抽出に焙煎、カッピングを学び試験に挑むという手順です。さらに上級グレードの試験としてアドバンスドコーヒーマイスターというのもあります。
さらには飲み物を評価するテイスティング技術を磨くマスタープロフェッショナル資格。バリスタライセンスなどもあり、ここまで行けば職人向けの資格でしょう。このように目指す道それぞれにある資格。あなたはどれから取得しますか?

コーヒー関係の資格の種類とは?

コーヒーは私たちのブレイクタイムに欠かせない存在となっています。そのコーヒー関係の資格とはどのようなものがあるのでしょうか?
まず真っ先に思い浮かべるのがコーヒーを入れるバリスタ関係の資格ですが、実は日本国内においてバリスタの資格と呼ばれるものは存在しません。比較的取得しやすいコーヒー関係の資格に、「コーヒーコーディネーター」というものがあります。こちらはコーヒーの焙煎方法や種類などの知識を保有しているという認定になります。コーヒー関係の仕事に有利になる資格では、「コーヒーマイスター」「コーヒーインストラクター」などがあります。コーヒーマイスターは日本スペシャルティコーヒー協会に入会し、
養成講座、実技講習、認定試験を経て取得することが出来る資格です。コーヒーインストラクターは鑑定や評価といった知識寄りの資格になりますが、この資格で最終的になれる「コーヒー鑑定士」は合格率が数%の非常に難関資格ですので、仮にこの資格を得られれば、間違いなく開業、就職において役に立つことでしょう。
こういった資格の取得は必ずしも必須ではありませんが、差別化を計りたいという方は是非取得を目指してみてはいかがでしょうか?またこれらの資格の中には機関の専門学校に通っていたり、カフェでの一定機関の勤務経験がなければ受けられないものもあるので注意しましょう。

使いかたや詳しい説明が見れる無料体験が可能!気になる資格をチェックしやすいから安心です。 電車の中など従来の紙の通信教育の教材を広げにくい箇所でもしっかり学べるから、忙しい人にぴったりです。 食から健康・心理学から趣味までジャンル多数です! 首都圏を中心に全国様々なところで受講者増加中!ネットで学べるから学習場所を選びません。 コーヒーやカフェアートの資格を取得するなら

更新記事一覧

2017/12/22
合格率はどれくらいかを更新致しました。
2017/12/22
コーヒー豆の基礎知識を更新致しました。
2017/12/22
資格勉強のハードルは低いを更新致しました。
2017/12/22
コーヒー系の資格取得にはどれくらいの期間が必要なのかを更新致しました。

インフォメーション

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加