カテゴリー

本格的なコーヒーの資格にはこんなものがあります

普段の生活でも好んで飲んでいる人も多いコーヒーはカフェインによる眠気覚ましやポリフェノールによる健康効果などが知られています。そんなコーヒーには本格的な資格もいくつかあります。まずコーヒーマイスターがあります。これは日本スペシャルティコーヒー協会に入会している人だけが得る事の出来る資格で講座を受講し、認定試験、実技講習とクリアしなくてはいけません。コーヒーインストラクター検定はコーヒーインストラクター1級、2級、コーヒー鑑定士と難易度が上がっていきます。
コーヒー鑑定士は1割に満たない人だけが合格する難関で、しっかりとコーヒーに向き合い努力しなければ得る事の出来ない資格です。JBAバリスタライセンスはレベル1~3まであり受験資格としてまず受験日の時点でコーヒー関係の企業に勤めていてエスプレッソの抽出経験があるか、アルバイトも含めてバリスタである事などが必要です。内容はエスプレッソやカプチーノに関する事が多いです。Qグレーダーも日本のコーヒー協会が認定する資格になります。
コーヒーの匂いを嗅ぎ分けたり味の違いを見分けたりといった内容で、難易度が非常に高い資格です。この資格を取るには神戸で試験を受ける必要がある上試験期間が長く、受講に30万円以上の金額が掛かります。他に交通費や宿泊費なども自己負担となるので手軽に受けられる資格ではなく、挑む時は本気の覚悟が必要です。

資格を取るために知っておくべきコーヒーの産地

初めて訪れたカフェで、「おっ」と思える美味しいコーヒーやお茶に出会うとまた足を運びたくなるもの。コーヒーの資格を取るためには、そんな経験が多くあるほど有利です。コーヒーの資格を取るために、知っておくべきコーヒーの産地は?定番を中心に、基本の「き」を解説します。
【酸味と苦味のバランスがいい〝ブラジル〟】
世界第一位のコーヒー生産国で、消費量もアメリカの次に多い。大規模なコーヒー豆農家が多く、世界的な代表産地になっている。他の国と比べ、比較的標高が低いため、酸味が少なく、飲みやすい品種が多い。
【香りが良く、芳醇なコクを持つ、〝グアテマラ〟】
標高が高い土地や平原など、独自の栽培環境で多彩な品種を生産している。香りが華やかで、しっかりしたコクを併せ持つのが特徴。他の豆との相性もいいので、ブレンドに使われることが多い。
【アフリカ気候の独特な酸味と甘味の〝ケニア〟】
湿度が少なく乾いた気候により、南アメリカや東南アジアとは一味異なる香味が表れる。年によって、熟成したワインのような複雑なコクが出る。品種の研究や生産流通体制の見直しなど、国の取り組みも積極的になってきている。
いかがだったでしょうか。コーヒーの産地はコーヒーの資格を取るために必要な知識と、自分自身の知識を整理するために役立ちます。
ぜひ、コーヒーを飲んでみながら、産地と味の違いを確かめてみてください。

更新記事一覧

2017/12/22
合格率はどれくらいかを更新致しました。
2017/12/22
コーヒー豆の基礎知識を更新致しました。
2017/12/22
資格勉強のハードルは低いを更新致しました。
2017/12/22
コーヒー系の資格取得にはどれくらいの期間が必要なのかを更新致しました。

インフォメーション

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加