カテゴリー

コーヒー関係の資格は独学でとれる?

コーヒーメーカーや各種協会などが認定している、コーヒー関係の資格は色々あります。中でも資格取得を目指す人が多いのはバリスタの資格ですが、独学で取得することも可能です。
ただ、コーヒー関係の資格をとってどのように活用するかによって、独学が良いか専門学校や通信教育が良いかなど変わっていきます。
バリスタの資格を取って、コーヒー店の出店を目指す場合は色々な実践経験も必要になるので、独学に合わせて実践に働くことが必要です。
コーヒー関係の資格だけとっておきたい、という目的なら独学だけで良く、必要に応じて通信教育などの利用が理性的です。
また、コーヒー関係の資格を取得する場合は、資格によって実務経験が必要なケースもあるので、目指す資格によって勉強スタイルも変わっていきます。コーヒー関係の資格は、どんな種類があって何に役立つかなど変わるため、資格取得を目指す前にある程度知識を入れることが大切です。
ネット上にあるコーヒー関係の資格を紹介しているサイトや、通信講座のサイトを利用すると資格の種類や資格取得の方法、条件、メリットなどが分かるので、目指す資格を決めるのにも便利です。
また、筆記試験プラス実技試験が必要な資格もあるので、目的の資格に合わせた勉強計画が大切です。

趣味レベルからバリスタを目指せる本格的な資格まで

毎日、コーヒーを飲むという方が多いと思いますが、ちょっと意外なことに、日本では、今のところコーヒーの公的な資格というものはないのが現状です。今あるのは民間の資格ばかりで、その中には、趣味レベルのものから、バリスタを目指せるレベルのものまであります。趣味レベルのコーヒーの資格には、コーヒーコーディネーター、UCCドリップマスターなどがあります。いずれも、通信講座で学習することができる比較的簡単に取得しやすい資格です。
そして、バリスタを目指せるレベルのものとして、コーヒーマイスター、コーヒーインストラクター検定、JBA認定バリスタライセンス、Qグレーダーなどがあります。コーヒーマイスターの資格取得のためには、養成講座を受講後、実技講習や、認定試験に合格することが必要です。また、日本のコーヒー協会への入会も必須です。そして、コーヒーインストラクター検定は、1級、2級、コーヒー鑑定士があり、最も難しいと言われているコーヒー鑑定士の合格率は5%未満です。
それから、JBA認定バリスタライセンスには、レベル1からレベル3までのライセンスがあります。最後に、Qグレーダーは、日本にあるコーヒー協会が認定する資格で、バリスタよりもコーヒーの焙煎をしたいという方にお勧めの資格です。

更新記事一覧

2017/12/22
合格率はどれくらいかを更新致しました。
2017/12/22
コーヒー豆の基礎知識を更新致しました。
2017/12/22
資格勉強のハードルは低いを更新致しました。
2017/12/22
コーヒー系の資格取得にはどれくらいの期間が必要なのかを更新致しました。

インフォメーション

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加