カテゴリー

意外と多いコーヒーのプロのための専門資格

意外に思われる方も多いかもしれませんが、コーヒーに関する専門の資格というものが多く存在しています。
しかもそれぞれの資格で求められる知識や技能は異なっており、コーヒーの歴史から実際の淹れ方まで幅広い知識が求められるものから、イタリアのエスプレッソに限定した資格など、多種多様な資格が存在しています。さらにはコーヒーに関する高度な専門知識を持っていることを証明する、コーヒー鑑定士という資格も存在しています。
このように多彩な資格が存在していますが、これらはいずれもプロとしてコーヒーに携わっていく人を対象にした、プロとしての知識や技能を示す資格となっています。言い換えれば、こういった資格の勉強に取り組むことは、実際のコーヒーの販売や調理にとって役立つ知識や技能を身に着けることにつながるのです。
ですから、コーヒーのプロを目指す方にとって、こういった資格の取得は武器になります。資格を取ったからと言って、すぐに人気の出るお店を開けるわけではありませんが、プロとしての相応しい知識や技能を身に着けていることの証明に、資格はとても役に立ちます。
また、プロでなくても、資格取得はプロ並みのコーヒーに対する知識を持っていることの証明になりますから、熱心なコーヒーマニアの方も、腕試しにこうしたプロ向け資格に挑戦してみるのもいいかもしれません。

コーヒーの資格にはどんなものがあるの?調べてみた

日本は世界第4位のコーヒー消費国といわれるほど、私たちの生活にはコーヒーが根付いています。カフェでコーヒーを飲みながら談笑する若者や、コーヒー片手に小休憩をはさむサラリーマンなど、コーヒーは身近な飲み物の1つですよね。
そんなコーヒーにも、資格があるって知ってましたか?
残念ながら今のところ公的なものはありませんので、今回は趣味レベルのコーヒーに関する資格を調べてみました!
それではまず、「カーサバリスタ」をご紹介します。カーサバリスタは、コーヒーと紅茶の専門知識の他、カフェを開業するためのスキルまでも取得することのできる資格です。通信講座を受けたうえで、試験を受ければ合格です。約4か月ほどかかるようです。
次にご紹介するのは、「コーヒーコーディネーター」。この資格は、ご自宅にいながらコーヒー豆の知識や焙煎、抽出方法、コーヒーの専門知識と特徴を習得できるというのが強みです。専門の講師が課題を添削してくれるので、しっかりと知識を身に着けることができます!
また、専用の掲示板にアクセスして、同じ資格を目指す仲間との交流を楽しむこともできます。
いかがでしたでしょうか?気になった方はぜひ、これらの資格取得を目指して頑張ってくださいね。今よりももっと、コーヒーを楽しめるようになりますよ!

更新記事一覧

2017/12/22
合格率はどれくらいかを更新致しました。
2017/12/22
コーヒー豆の基礎知識を更新致しました。
2017/12/22
資格勉強のハードルは低いを更新致しました。
2017/12/22
コーヒー系の資格取得にはどれくらいの期間が必要なのかを更新致しました。

インフォメーション

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加